契約書作成上のQ&A(よくある質問)

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

 Q. 契約書に押す印鑑を「実印でお願いします」と言われることがあるのは、なぜ?

 実印とは、公的機関に印鑑を届出て登録することで、その印鑑(印影)がその届出た者のものであることを証明してくれるものを言います。個人であれば住所地を管轄する地区町村役場、法人であれば法務局が、届出るべき公的機関となります。

 個人もしくは、その法人の実印として登録されている印鑑は、原則としては1つしかありません。そして実印を保管・管理しているのは、基本的にその届出をした者自身になります。

 

 したがって、そのようなものである実印が書面に押印してあるということになれば、実印を届出た者が実際にその書面に押印した(もしくは、それを認めていた)ということが、強く推認されることになるのです。

 このため、実印が押印してある書面については、第三者が勝手に作成したのだというような争い(成立の真正に関する争い)が発生しにくくなります

 そこで、契約書などの重要な契約書の場合は、特に「実印でお願いします」と言われるのです。

 この場合、契約締結時点で実印として登録されている印鑑が、正にその印鑑であったことを示すために、直近に発行された印鑑登録証明書の添付を求められるのが一般的です。

契約書について、更に詳しい内容はこちら

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら