契約書作成上のQ&A(よくある質問)

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

 Q. 契約書に使う印(契印・割印・訂正印・捨印・消印)はどう違うのですか?

1.契印

 契印とは、2枚以上の枚数がある書類について、書類のつながりが正しいことを証明することを目的として、書類のつなぎ目は綴じ目に押す印鑑のことを言います。

​ 契印がしてあることにより、書類を作成した後から書類の一部を抜き取ったり、後から別の書類を追加したりすると、すぐに分かるようになるため、そのような不正を防止することができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.割印

 割印とは、2つ以上の別々の文書が相互に関連していることを示すために、各文書にまたがるように押印する印鑑のことを言います。

 たとえば、契約書を作成するときに、自分と相手がそれぞれ同じ契約書を1通ずつ所持することにすることが多いと思います。その際、2通の同じ契約書にまたがるように押印(割印)することにより、その2通の契約書が「同じ時に作成された同じ契約書である」ことを証明できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.訂正印

 訂正印とは、作成した文書の内容に誤記などがあった場合に、これを訂正等する場合に用いる印鑑のことを言います。

 訂正印を用いなければ、書類を作成した人とは違う人が勝手に書類を修正(=改ざん)したものと区別ができなくなってしまいます。記載内容を訂正したのは書類作成者であることを証明するために、訂正印は重要な意味をもちます。

 (1)削除する場合

 (2)追加する場合

 (3)訂正する場合

4.捨印

 捨印とは、作成した文書の欄外に予め訂正印として利用することを認める趣旨で印鑑を押しておき、文書を受け取った相手に文書を事後的に訂正することを認めるものをいいます。

 文書を作成して相手方に提出した後になって、その文書に誤記などがあることが判明した場合、それを訂正するためには、文書を作成者の下に戻して訂正印を押してもらって訂正をすることが原則としては必要になります。

 しかし、些細な誤記に過ぎないものまで、わざわざ訂正印で処理しようとすると文書のやりとりで非常に時間がかかり、煩わしくなります。

 そこで、些細な訂正であれば承諾なしに訂正してもよいと文書作成者が認めたという意思の現れとして押しておく印が捨印と呼ばれるのです。

 捨印を押す際は、その文書を交付する相手との間に信頼関係があるかどうかが重要になります。なぜなら、捨印はどの範囲での訂正を認めるのかという範囲が明確ではないため、相手が悪意ある人物であった場合、契約の重要な部分を実質的に変更(=改ざん)されてしまう恐れがあるからです。

5.消印

 消印とは、一般に、切手や収入印紙、証紙などが「使用済みである」ことを証明するために押印する印鑑のことを言います。

​ 契約書は、その内容によっては印紙税が必要となるため、契約書に収入印紙を貼り付ける必要があります。その際に、その貼り付けた収入印紙が「使用済みである」ことを証明し、再利用をさせないために、消印が必要になるのです。

契約書について、更に詳しい内容はこちら

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら