マンションの水漏れの責任は?


Q. マンションの上の階から漏水事故。誰に対して損害賠償請求すべきか?

 私はマンションに居住しているのですが、先日、上の階から大量の水が漏れてきて、家具や家電が濡れて使えなくなりました。この損害の賠償請求は、誰に対して行えばよいのでしょうか?

A. まず漏水原因を特定する必要あり。専有部分か共用部分かも重要な点。

 まずは原因の特定が必要になります。

 原因が上の階の居住者の不手際の場合(例えば洗濯機のホースの接続が不完全でホースが外れて漏水した場合等)、居住者の過失によって損害が生じたのですから、その居住者に対して損害賠償を請求することになります(民法709条)。この点、居住者が所有者であるか賃借人であるかは問題ではなく、実際に居住している人自身が責任を負います。

他方、建物の設備である水道管の老朽化が原因で破損した場合などで、それが設備の設置・保存上の瑕疵があるといえる場合であれば、占有者が責任を負うと民法で定められています(民法717条1項本文)。もっとも、占有者が損害発生を防止するのに必要な注意をしていたときは、占有者ではなく所有者が損害賠償をしなければならないと定められています(民法717条1項但書)。

 ここで問題となるのは、水道管の破損箇所が上の階の専有部分なのか、それとも共用部分なのかです。

 水道管の破損箇所が専有部分なのであれば、第一義的に責任を負うべき占有者はその部屋の居住者でとなりますし、また占有者が必要な注意を行っていた場合に最終的に責任を負うべき所有者はその部屋の区分所有者ということになります。

 一方で、水道管の破損箇所が共用部分であった場合には、共用部分の占有者・所有者は区分所有者の全員であると考えられます。このため、被害者は区分所有者全員(≒管理組合)に対して損害の賠償請求をすることになります。この際、被害にあった下の階の居住者がマンションの区分所有者の1人である場合、持分割合に従って自らも責任を負うことになりますが、そのことは他の区分所有者らに対して責任追及をすることの妨げにはなりません。

なお、最終的に責任を負うことになった人(=賃借人などの占有者、区分所有者、管理組合など)が賠償責任保険に入っている場合、現実の賠償金の支払いは保険からなされることになります。

※記事の内容は、作成当時の法令・判例等に基づいた内容です。最新法令・判例等のご確認をお願いいたします。

◆その他「不動産(事業者側)」に関する弁護士コラムは こちら

#不動産

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら