千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

Q. 深夜に騒音を撒き散らす賃借人に対し、賃貸借契約を解除できるか?

 私が経営するアパートの賃借人Aさんから、同じく賃借人である隣人のBさんが深夜に喧嘩したりお酒を飲んで大騒ぎしたりして困っているので、Bさんを退去させてほしいと言われました。Bさんとの賃貸借契約を解除して退去してもらうことはできますか?


A.受忍限度を超える騒音で信頼関係が破壊された場合は契約解除できる。

 騒音等の迷惑行為への対処は、家主にとって悩ましい問題です。騒音を理由に賃貸借契約を解除できるのかが問題になります。

 そもそも部屋を賃借している人には、契約又は目的...

Q. 賃料減額をしない旨の特約ある場合、賃料減額請求は認められるか?

 私は以前からAさんに建物を賃貸しています。賃料については3年毎に消費者物価指数の変動率に基づいて更新するものの、仮に消費者物価指数が下落したとしても、それに応じた賃料の減額はしない旨の特約を付してあります。この特約があるにもかかわらず、最近Aさんが賃料減額を求めてきました。この減額請求は特約で無効になるでしょうか?


A.賃料不減額特約は強行法規に違反。賃料減額請求は妨げられない。

 契約で何を定めるかは原則として当事者の自由です(契約自由の原則)。もっとも、契約で定...

Q.親族に建物所有目的で土地を無償貸与したが、返してもらいたい。  

 私は、私の所有地を長男に無償で貸し、長男はそこに家を建てて家族と暮らしています。私が長男に土地を無償で貸した理由は、貸した土地の近くに暮らす私たち親夫婦の介護をすることを長男が約束したからでした。

 ところが長男は些細な理由で私たち親夫婦と喧嘩し、私たちの介護をしなくなりました。こうなっては土地を無償で貸した意味がないので、私は長男に対して、建物を撤去して土地を明け渡すように請求したいのですが・・・。

A. 信頼関係が破壊されたものとして明渡し請求が認め...

Q.借家人が勝手に敷地を使用。これは賃貸借契約違反ではないか?  

 私が父から相続した土地には、私達家族が住む建物の他に、もう1軒、建物があります。その建物は、もう数十年前に、父が知り合いのAさんに賃貸しています。父は先日亡くなり、またAさんも既に亡くなっていて、今、その建物にはAさんの息子さんであるBさんの家族が住んでいます。古い話ということもあり、賃貸契約書は残っておらず、そもそも父とAさんとが契約書を交わしたのかどうかも、私には分かりません。

 先日、Bさんが、自分が住んでいる建物の裏手にある敷地に、物置小屋を置いたり...

Q.販売した中古マンションがペット飼育禁止だった場合に慰謝料支払義務はあるか?  

 当社では中古マンションの売買の仲介業務を行っています。先日、当社が売買を仲介したマンション物件を購入された方から、「ペットを飼育できると説明を受けて、このマンションを買った。ところが、マンション管理組合から、ペット飼育はできないと言われている。おかしいじゃないか! 慰謝料を請求する」というクレームを受けました。当社に慰謝料の支払義務はあるのでしょうか?

A. 説明義務違反による損害賠償として慰謝料の支払いが必要な場合があります。

 不動産売...

Q.約55年前に期限を定めずに貸した土地を返してもらうことはできますか?  

 私(=X)の父(=A)は、生前、昔なじみのBさんに土地を貸していて、Bさんはその土地の上にコンクリート造りの建物を建てて住んでいました。

 父が亡くなった後、その土地は私が相続しています。一方、Bさんも既に亡くなり、Bさんの息子さんであるYさんが建物にお住まいです。

 父がBさんに貸したのは今から約55年も前です。契約書などの書面は何も作成しておらず、地代以外には特段の取り決めはしていなかったようです。

 私としては、Bさんの息子さんであるYさ...

Q.事業用賃貸借契約の賃借人名義の変更を依頼された場合の注意点は?  

 私は店舗(テナント)用建物のオーナーです。ある店舗を法人に賃貸していまして、その法人の代表者であるYの妻Aが、賃貸借契約の保証人になっています。この度、Yから「賃借人名義の変更」を依頼されました。Yは「店舗の営業は順調なのだが、諸般の事情により、賃借人である法人は解散する。しかし店舗の営業は継続する。そこで賃貸借契約の賃借人名義を、従業員であるZに変更し、私が保証人になる」と言うのです。

 (質問1)私は、このような申し出に応じなければいけないのでしょう...

Q.賃借人から建物に関する費用を請求されていますが、支払う必要はありますか?  

 私はマンションの1室を収益物件として賃貸しています。その部屋の賃借人から、①ベランダの手すりの補修工事、②和式トイレを洋式トイレに改造する工事、③新たにエアコンを取り付けた工事、をしたので、かかった費用を支払ってくれと請求されました。私は、これらの工事をすることを全く知らされていなかったのですが、これらの費用を支払う必要がありますか?

A. 必要費、有益費、造作の区別に応じて支払う義務の有無などが異なります。

 ご相談のケースでは、賃借人が支...

Q.賃借人である独居老人が亡くなった後、賃貸人はどう対処すればよいか?  

 一人住まいの高齢者にマンションの一室を貸していましたが、この方が先日、お亡くなりになりました。この方には、お子さんが何人か、いらっしゃるようです。
 

【質問1】賃借人が亡くなったことで、賃貸借契約は当然に終了するのでしょうか? それとも、契約を終了させるには、契約の解除が必要なのでしょうか?

【質問2】この賃借人は、家賃をかなり滞納していました。この滞納家賃を含めて、今後、誰に家賃を請求すればよいでしょうか?

【質問3】部屋の中に、この賃借人の家財道具...

Q.認知症のお母様の不動産について、娘さんとの間で売却手続きができますか?  

 不動産を所有するお母様がいらっしゃる娘さんから、お母様名義の不動産の売却の相談を受けました。売却しようとしている不動産は、お母様がお住いのご自宅の土地建物と、投資用として購入して賃貸に出しているワンルーム・マンションです。お母様は認知症を患っているため、将来を見据えて介護施設に入居する予定だそうです。もっとも、お母様は見た目は普通で会話もできるそうなので、お母様に確認(同意)を得た上で、娘さんとの間で不動産売却への手続きを進めて問題ないでしょう...

Please reload

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら