知的財産

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

知的財産制度とは

 知的財産制度とは、人間の幅広い知的創
造活動によって生み出されたものを、創作
した人の財産として一定期間の権利保護を
与える制度です。


 生活を豊かにするような新しい技術やア
イデア、心を豊かにしてくれる音楽や小説
などは、それ自体で価値ある「情報」なの
ですが、こうした価値ある「情報」は、隠
しておくことが難しく、他人にまね(模倣)
されやすいという性質があります。こうした価値ある「情報」の内容を勝手にまね(模倣)する行為は、「情報」の価値を盗むに等しいと言えます。もし、模倣行為などから価値ある「情報」を適切に保護せずに、盗み放題にしていると、新しく価値ある「情報」を生み出そうとする人は、その意欲を失ってしまいます。一方で、価値ある「情報」は社会に広く活用されてこそ意味があるという側面もあります。ですから、価値ある「情報」の保護と活用を両立させる必要があるのです。

 

 知的財産基本法では、「知的財産」および「知的財産権」を、次のように定義しています。

「知的財産」

 発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見又は解明がされた自然の法則又は現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む。)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報(法2条1号)

「知的財産権」

 特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利(法2条2号)

 

 このページでは、知的財産権の内容に含まれる「特許権」「著作権」「商標権」についてご説明致します。

知的財産について、更に詳しい内容はこちら

> 知的財産 TOP

初回相談料無料
 初回相談料無料 

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら