契約書

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

ビジネスにおける契約書の重要性

「取引先とトラブルになったので相談に乗
 ってほしい」

「あの時に、ちゃんと契約書を作っておけ
 ば…」

「あの時に、もっとちゃんと契約内容を精
 査していれば…」

 

 契約のトラブルで当事務所に相談される
経営者の方々は、皆さん、必ずこれらのお
話をされます。ビジネスを続けていく中で
ある程度のトラブルは避けて通れないものかもしれません。
しかし、最初にちゃんと契約書を作成しておけば、また、契約書の内容に気を付けていれば、こんな問題は起きなかっただろうというケースを目の当たりにすることは、本当に数知れません。

 

 もちろん、経営者の方々は、皆さん、ビジネスにおける契約書の重要性について、頭ではご理解されています。しかし、実際には、トラブルに巻き込まれて、初めてその重要性が骨身にしみるという事が多いのが現実です。

契約書で有利な立場での取引を

 契約書を作成する際に、取引先を信頼するあまり、契約書の内容を精査せずに署名・押印してしまうケースも多く見られます。そして、いざトラブルが発生した際に、契約書には自分に不利な取り決めがなされているために、苦々しい結果になることもあります。
 

 一方で、最初から契約書の内容に、自らに有利になるような文言を書き込んでおけば、逆に、トラブルが発生したときにも有利な立場でトラブルの解決を図ることができるのです。
 

 このように、契約書は戦略的に作成すべきですし、契約書の作成を自分側で行えば、契約上有利な地位に立てることが多くなります。契約書を作成する段階で、自分側の意見や意図を反映させることができれば、今後の取引そのものや、取引に付随する交渉の主導権を握ることができるのです。

契約書は裁判において決定的に重要な証拠

 取引先とのトラブルが発生したとき、お互いの合意内容、つまり契約の内容がどうであったのかを、当事者同士で確認する必要がありますが、その際に、契約書がない場合や、契約書があっても細かく定められていなかったりすると、契約書に基づいてトラブルの解決を図るということが難しくなります。
 

 また、当事者同士でのトラブル解決ができなかった場合、裁判所でトラブルの解決を図ることになりますが、中立な第三者の立場にある裁判所は、当事者の合意がどのような内容であったのかを契約書によって判断します。契約書は裁判においては決定的に重要な証拠になります。ですから極端に言えば、裁判所はあくまでも契約書に書いてある通りにトラブル解決を図るのです。

契約書の作成に費用をかける必要性

 ビジネスを行うにあたっては、数多くの契約書を取り交わすことになります。その契約書の1つ1つを弁護士にチェックしてもらうのは、あまりに費用(コスト)がかかり過ぎると思われるかもしれません。
 

 しかし、契約書に不備があることによって、実際にトラブルが発生した場合に、多額の損害賠償を請求されるような立場になってしまい、経営が立ち行かなくなるほどの大損害を被ってしまうケースもあります。その意味で、重要な契約書については、多少費用(コスト)をかけてでも、弁護士に内容をチェックしてもらう方が良いと思います。
 

 弁護士費用についても、法律顧問契約をしていれば、比較的低廉な費用で、契約書のチェックを依頼することができるようになります。

契約書に関しては、是非、弁護士の活用を!

 これまでご説明したとおり、契約書はビジネスにおいて極めて重要な存在です。しかし、契約書の文言は法律的な表現も多く、どのような義務や責任が生じる内容であるのか、よく分からないという場合も多々あります。知らないうちに大きなリスクを負わされている、ということもありえます。
 

 そこで、契約書を作成される際は、契約書に署名押印される前には、ぜひ一度、弁護士に相談されることをお勧めします。弁護士の法的知識・経験をご活用下さい。

契約書について、更に詳しい内容はこちら

> 契約書 TOP

初回相談料無料
 初回相談料無料 

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら