契約トラブルの対処法

 「契約トラブル」と一口にいっても、実は
様々な種類があります。当事務所でも契約ト
ラブルのご相談は多いのですが、典型的なも
のは、以下の通りです。

 

 ・契約が履行されない        
​ ・契約解除の申し入れがあった  

 ・契約を解除したい
 ・不利な契約を結ばされていたため、損害
​  が発生した

 

 当事務所では、ご相談頂いた契約トラブルの種類・内容に最も適した対応を行います。
このページでは、特にご相談が多い「契約が履行されない」という契約トラブルにおける対処方法の一例をご紹介します。

 

  1. 内容証明郵便で履行請求をする

  2. 契約を解除する

  3. 相手方に損害賠償を請求する

  4. 訴えを提起する
 


 契約の相手方が、契約上の義務を履行しない場合、相手方に履行を請求することになりますが、その際、単に電話や普通郵便で履行請求をするだけでなく、内容証明郵便で履行請求をすることが有効な場合があります。

 

 内容証明郵便を用いれば、履行請求を内容とした当該文書が特定の日付に相手方に届けられたことを後日、公的に証明することができるようになります。内容証明郵便という形式で相手方に対する履行請求すると、請求された相手方は、大なり小なり心理的なプレッシャーを受けることになるのです。

 

 更に、貴社名義で内容証明郵便を出すよりも、貴社から依頼を受けて、弁護士が弁護士名で内容証明郵便を出す方が、更に強く相手方に対して心理的なプレッシャーを与えることができ、効果的と言えます。

 

 相手方が契約上の義務を履行しない場合であっても、何もしなければ、貴社の方も契約上の義務を負い続けます。もちろん、一般的には「相手方が契約上の義務を履行しない以上、当方も契約上の義務を履行しない」と言える権利(「同時履行の抗弁権」といいます。)があるので、貴社が不当に不利になることは少ないかもしれません。

 

 しかし、契約の種類や契約で定めた内容によっては、同時履行の抗弁権を主張できないような場合もあります。そのような場合、相手方が契約上の義務を履行しないのであれば、貴社の方から契約を解除しておいた方がよいでしょう。

 

 契約を適切に解除するためには、一般的に、「①履行が可能であるにもかかわらず履行期が経過していること」「②相手方への履行の催告」「③相手方が催告期間内に履行しないこと」「④相手方に帰責事由があること」といった事情を満たしたうえで、相手方に対して契約を解除する旨の意思表示をする、ということが必要です。

 

 契約を適切に解除するには上記の要件や手順を満たす必要があるので、契約を適切に解除することに不安がある場合には、弁護士に相談するか、弁護士に依頼した方が良いでしょう。
 

 

 相手方が契約上の義務を履行しない場合、貴社が損害を被る場合があります。そのような場合には、貴社は、相手方に対して、被った損害を賠償するよう請求することができます。

 

 また、貴社が契約上の義務を負い続けることによって、貴社が被る損害が拡大してしまう場合もあるでしょう。ですから、相手方に対する損害賠償請求は、上述の契約の解除と共に行うこともできます。

 

 相手方に損害賠償請求する場合も、上述の契約の解除の場合と同様に、相手方に帰責事由があること等の要件が原則として必要となります。

 

 相手方に対して適切に損害賠償請求をするには要件や手順を満たす必要があるので、損害賠償請求を適切に行うことに不安がある場合には、弁護士に相談するか、弁護士に依頼した方が良いでしょう。

 

 上述の「1. 内容証明郵便で履行請求をする」「2. 契約を解除する」「3. 相手方に損害賠償を請求する」といった手段は、契約の当事者同士で、相対で行うことができます。

 

 しかし、「相手方が結局、履行しない」「相手方が契約解除を認めない」「相手方が損害賠償に応じない」といったことがありえます。そのような場合には、公正中立の第三者である裁判所に訴えを提起して、その判断を仰ぐことで問題の解決を図る必要があります。

 

 もっとも、裁判は法律で定められた手続きに従って行われるため、裁判手続に関する知識や経験のない方が弁護士に委任せずに行った場合には、裁判の期間が必要以上に長くなる恐れや、弁護士に委任していれば勝訴出来たはずの事件であるにも関わらず敗訴してしまう恐れもあります。

 

 このように、弁護士に委任せず自ら裁判所に訴えを提起するのはリスクが大きいといえますので、訴えを提起する場合には弁護士に依頼した方が良いでしょう。

 
 
 
 

1. 内容証明郵便で履行請求をする

2. 契約を解除する

3. 相手方に損害賠償を請求する

4. 訴えを提起する

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

契約書について、更に詳しい内容はこちら

> 契約トラブルの対処法

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら