法律顧問契約とは

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

名称

TEL

​ 法律顧問契約とは、会社の事業活動に伴って発生する法律問題の事前予防や事後対処をするために、弁護士が恒常的・長期的に会社と関わって、法律相談を中心とした各種サービスを提供する契約です。法律顧問契約を締結している弁護士を顧問弁護士と呼びます。


 顧問弁護士は、医療の世界でいう「主治医」のような存在です。継続して会社の事業活動に関与していくため、会社の事情を十分に理解した上で、最適な法的助言を行います。

法律顧問契約(顧問弁護士)の必要性

 「弁護士に相談しようと思うのは、どんな時ですか?」

 

 そう問われたら、皆さんは、どう答えるでしょうか?

 

 「訴えられたとき」「トラブルが生じた時」

 

 そのように回答される方が多いのではないでしょうか。確かに〈弁護士に相談するのは、発生してしまった事件や事故の事後対処の時だ〉と一般には思われています。

 ですが、発生してしまった事件・事故・トラブルのうち、事前の対処が適切であれば、そもそも発生することを防げたケースは少なくありません。たとえば、「契約書にちゃんと書いておいたら・・・」ですとか、「後で問題にならないような手順を踏んでいたら・・・」というケースです。

 

 また、事件・事故・トラブルの発生自体は防げなかった場合でも、事前に備えがあれば、よりスムーズに、手間暇や金銭的コストをかけずに、早期の問題解決に導けることが多くあります。

弁護士は、事件・事故・トラブルが発生する前の「事前の対策」についても、ご相談をお受けし、適切なアドバイスをさせていただいています。

 

 「でも、具体的なトラブルもないのに、弁護士にいきなり相談するのは敷居が高いので・・・」

 

 そのようにお考えの方も、多くいらっしゃいます。

 

 この点、法律顧問契約を締結していれば、会社に具体的な事件・事故・トラブルが生じていなくても、些細なこと、ちょっと不安に思ったことでも、気軽に顧問弁護士に相談することができるようになります。弁護士からの、事前のちょっとしたアドバイスを受けられたかどうかで、後で大きな差が出てくることになるのです。

 

 法律や裁判について知識と経験を持った弁護士を経営のアドバイザーとして確保しておくこと、すなわち法律顧問契約を締結することは、円滑な事業運営をするために必要不可欠です。

> 法律顧問契約とは

法律顧問契約について、更に詳しい内容はこちら

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら