労使紛争

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

「不当解雇だ! 解雇は無効だ!!」

「残業代が未払いだから支払え!」

 

 突然、従業員や元従業員から、訴えられ
て慌てて相談に来られるケースは、よくあ
ります。訴えられる理由は「解雇の問題」
や「残業代の未払いの問題」など様々です
が、いずれにせよ、労使紛争は当事者とな
っている労働者だけでなく、会社で働く他
の労働者に与える影響も大きいことから、
会社経営に与える影響を極力少なくするためにも、迅速且つ適切な対応が必要となります。

 

 労働者と使用者との間の紛争、すなわち労使紛争には、大きく分けて次の2種類があります。

 

  ・個々の労働者との間での紛争(個別労働紛争)

  ・労働組合との間での紛争

 

ここでは個別労働紛争を念頭に、次のようなケースの場合、どのようにすべきかをご説明します。

 

 1. 労働審判を起こされた場合

 2. 労働訴訟を起こされた場合

 3. 賃金仮払いの仮処分を起こされた場合

労使紛争について、更に詳しい内容はこちら

> 労使紛争 TOP

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら