労務問題

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

「辞めた社員から未払いの残業代を請求さ
 れた」

「やむなく解雇した従業員から労働審判を
 提起された」

「従業員からセクハラで訴えられた」

 

 経営者にとって労働問題は経営に大きな
影響を及ぼす非常に重要な問題です。日本
の労働法は、〈労働者を守る〉ということ
が重視されていることから、労働者から労
働問題で争われると、経営者側が厳しい立場に立たされるということがよく起こります。

 

 また、労働者から訴えに適切な対応ができなかったために、企業イメージの低下を招き、経営に大きな影響を及ぼすということもあります。このように、労働問題が起こってしまった場合、企業側に大きなダメージが生じうるのですが、多くの企業では、労働問題に対する対策が不十分であるという状況にあります。

労働問題を防ぐには

 労働問題が生じるのを防ぐためには、トラブルが発生しないように、事前に、適切な就業規則や労働契約書を整備しておくことが重要です。適切な労働環境を整備しておけば、労働者から言われもない訴えがなされても、それを退けることができます。

 

 また、万が一、労働トラブルが発生してしまった場合には、迅速かつ適切な対応をしなければなりません。経営者から見て、労働者からの訴えや要求が不当な言いがかりに見えることは多くあります。しかし、そのような場合でも、間違っても労働者からの要求を無視したり、軽率な対応をするべきではありません。なぜならば、「労働問題が起きてから、解決のためにどのような対応をしたか」ということも、最終的な争点となり得るからです。

労働問題が発生したら直ぐに弁護士に相談を

 労働トラブルが発生してしまった場合、迅速かつ適切な対応をすることが求められます。それができたか否かで、企業側のダメージを小さくすることができるからです。

 

 もっとも、労働トラブルに直面したのが初めての場合や、今までに直面したことのない類型の労働トラブルが発生した場合などには、企業側として、どのように対処すれば良いのか分からないということも多くあります。

 

 その点でいうと、弁護士は多くの労働トラブルの事案に対処しており、法律も含めて、問題解決のための知識と経験を持っています。ですから、労働トラブルが発生してしまった場合には、直ぐに弁護士に相談することをお勧めします。

できれば労働問題が発生する前に弁護士に相談を

 労働問題が発生する前に弁護士に相談して頂ければ、就業規則の作成や労働契約書の整備など、企業が事業活動をする上で重要となる労働環境を適切な形に整えることについて、弁護士からアドバイスをすることができます。多くの企業では、その重要性を理解しながらも、そこまで手が回せていないのが現状ではないでしょうか。


 また、相談に留まらず、弁護士にご依頼頂ければ、貴社の実際の事業環境や労働環境を踏まえた上で、貴社の経営陣の意見を反映した形の就業規則や労働契約書を整備することが可能になります。

 

 当事務所は、企業側の法律事務所として、これまでに多くの労働問題に対処してまいりました。その経験・ノウハウに基づいて、貴社に対して最適なアドバイスやご提案を行うことができます。

 

 企業からの労働問題に関するご相談について、当事務所では初回無料で対応しております。まずは広島の弁護士法人千瑞穂法律事務所までお気軽にご相談ください。メールでのお問合わせはこちら

労務問題について、更に詳しい内容はこちら

> 労務問題 TOP

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら