弁護士コラム(不動産(事業者側))

千瑞穂法律事務所へのアクセスマップ

Q. 土地売買で実測面積が少なかった。契約解除や損害賠償請求は可能か?

 私は家を新築するつもりで登記簿上70㎡と記載されている土地を、売主Yさんと売買契約を締結して購入しました。ところが実際に測量してみたところ、63㎡しかなく、予定していた大きさの建物を建てられないことが判明しました。売買契約を解除するか、少なくとも代金の減額か、損害賠償の請求をしたいですが、可能でしょうか?

A.「数量指示売買」と認められないと、契約解除も損害賠償請求もできない。

 土地の面積については、登記簿上の面積と実際の面積...

Q. マンションの部屋のベランダに「温室」を設置してか?

  

 私は分譲マンションの1室を賃貸に出しています。先日、この部屋の賃借人であるAさんから、植物を栽培したいので、部屋のベランダにアルミサッシ製の枠にガラス窓を取り付けた「温室」を作りたい、と相談を受けました。これを認めてしまってよいものでしょうか?

A. ベランダは共有部分であり、「通常の用法」しか認められないので通常は認められない。

 まず問題となるのは、マンションのベランダ部分が、専有部分なのか、共用部分なのかです。こ...

Q. 退去する賃借人から請求された敷金に対するの支払い義務の有無。

  

 私は賃貸アパート経営をしています。10年間入居されていたXさんが退去されたので、精算した上で敷金をお返ししたのですが、Xさんは「10年も預けていたのだから、その分の利息も返せ」と言います。利息を払う必要はあるのでしょうか?

A. 賃貸借契約において無利息の定めがない場合でも

       利息支払い義務はない。

 敷金とは「賃料債務その他の賃貸借に基づいて生ずる賃借人の賃貸人に対する...

Q. マンションの上の階から漏水事故。誰に対して損害賠償請求すべきか?

  

 私はマンションに居住しているのですが、先日、上の階から大量の水が漏れてきて、家具や家電が濡れて使えなくなりました。この損害の賠償請求は、誰に対して行えばよいのでしょうか?

A. まず漏水原因を特定する必要あり。専有部分か共用部分かも重要な点。

 まずは原因の特定が必要になります。

 原因が上の階の居住者の不手際の場合(例えば洗濯機のホースの接続が不完全でホースが外れて漏水した場合等)、居住者の過失によって損害が生じた...

Q. 遺産分割までに発生した賃料は誰が取得することになるのか?

  

 先日、私の父が亡くなりました。父は個人でXビルを所有して賃貸事業を営んでいました。父の遺産は不動産だけでも多くあったことから、私(次男)を含めた父の子供3人(長男、次男、三男)での遺産分割の話し合いが長引いてしまいました。結局、Xビルは長男が取得することになったのですが、長男は「父が死んだ時点から今までのXビルの賃料収入は全て自分のものだ」と主張しています。法律的にはどうなのでしょうか?

A.原則として、賃料収入は共同相...

Q. 私道の新たな所有者からの通行制限。

       通行を認めさせることはできるか?

  

 私は所有する甲土地に賃貸アパート建て営しています。甲土地から公道へ出るための通路は、隣接地・乙土地の所有者であるBさんの所有地で私道です。これまで長年にわたってBさんからは私道の通行に関して何も言われませんでした。ところが先日、Bさんから乙土地と私道部分も併せて買い受けたCさんが「今後は、私の所有地を私の承諾なく勝手に通行することは一切認めない!」と言い出した...

Q. 借地契約が終了する場合には、

       借地上の建物の取り壊しが必要か?

  

 私はAさんから賃借した土地の上に住宅を建てて住んでいます。借地契約の期限が満了した後、Aさんは契約更新を拒絶し、私に対して建物の取壊と土地の明け渡しを求めてきました。Aさんは明渡しを求める正当事由があると主張しています。もしAさんの言い分が通った場合、私は土地を明け渡す際に建物を取り壊す必要があるのですか?

A.建物買取請求権を行使することで

   建物の取り壊しを回避できる...

Please reload

名称

TEL

730-0017 広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル 7階

TEL 082-962-0286 FAX 082-962-0289

Copyright ©  2018    弁護士法人千瑞穂法律事務所   All Rights Reserved

お問合わせ

受付時間

​平日9:00-17:00

​メールでのお問合わせはこちら